MENU
  • 目の下のクマ

すっきり解消!悩める目の下のくすみにさようなら|原因と対策のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
523e6a65a7153b27521881e5658e846e_s

目の下がくすんで、なんだか疲れてみられる、老けてきたかも・・・と感じることはありませんか?

  目の周りのくすみが原因で、年齢より老けてみられるのは悲しいですよね?

 しかし、日常生活のちょっとした習慣を見直したり、正しい目元のケアをすることで、ハリのあるはつらつとした若々しさを演出ことができるのです。

 人の第一印象を決める上で重要な顔のパーツである目。目元が与える印象はその人のイメージの大きな決めてと認識されるとも言われています。

 そこで今回は、目の下のくすみができるメカニズムと原因別対処法についてお伝えします。自宅で簡単にできる方法からクリニックで行う予防法と対策。ぜひご参考にしてください!

1.くすみとは

くすみとは、①血流の低下によって肌の赤みが減少して黄みが増す、②肌のつやや透明感が減少し、皮膚表面の凹凸による影のために暗く見える、③メラニン色素沈着による色むらやしみが周囲の正常な肌色との間に差異を生じるため明度が下がる、と定義されており、「黒ずんでみえる、透明感がない、黄ばんでいる」など若年者にも高齢者にも出現する症状です。

%e3%81%8f%e3%81%99%e3%81%bf%e3%83%bb%e7%9a%ae%e8%86%9a

2.くすみができる原因

くすみの原因は、大きく2つの要因が考えられます。ひとつは色素性によるもの、もうひとつは加齢や痩せに伴う顔の形態変化によって生じる影です。どちらが原因かは、目の下の皮膚を引っ張ってみることで判別できます。皮膚を引っ張りくすみがなくなれば、しわやたるみなど皮膚形態の変化によるもの、くすみが残っていれば、色素性が原因と見分けることができます。

1色素性の原因

メラニンの蓄積によるものが多く、また下眼瞼の皮膚が薄いため皮下の筋肉や血管網の色が透けてみえることでも生じます。

これらは、接触性皮膚炎や日焼けの繰り返し、不適切なクレンジングや洗顔による過度な刺激、皮膚の代謝が停滞し、細胞のターンオーバーが遅延したことなどで誘発され、正しいホームスキンケアだけでもかなり改善が期待できます。

2-2.皮膚の形態変化による原因

シワやたるみ、角質肥厚、きめ(皮丘・皮溝)の消失、表皮・真皮の萎縮などが原因です。

3.自分でできる目の下のくすみ対処方法

まずは、手軽でコストもかからず、継続することで効果も期待できるホームケアをやってみましょう。

3-1.美白外用剤の使用

色素性が原因のくすみは、美白外用剤の使用により改善できます。皮膚のメラニン生成を抑制し、表皮のターンオーバーを促します。また、角層の乾燥によるくすみは、ローションやクリームで保湿すれば改善されます。

美白効果の高いビタミンC誘導体、ハイドロキノン、レチノイドなどの成分が含まれている製品がおすすめです。Amazonなどネット通販やロフト・ハンズなどコスメの品ぞろえが充実している販売店で購入できます。

使用時の注意

①朝洗顔後、化粧水を塗布し、美白外用剤を使用する。慣れてきたら、朝1回、夜1回それぞれ使用。

②夜は洗顔後、化粧水の塗布、美白外用剤を使用し、パックで保湿することでさらに浸透力が高まります。

③日中紫外線を浴びる可能性がある際は、必ず日焼け止めを塗ってください。美白外用剤を使用している時の肌は敏感になっていて、こまめなUVカットケアをしないと、せっかくのくすみ対策が台無しです。

④肌を強くこすったり、ピーリングやスクラブなど、肌に刺激を与えるようなものは避けるようにしましょう。炎症性色素沈着の原因となります。

-2 蒸しタオルを用いた方法

 皮膚の形態変化によるくすみには、目元を温めて熱を利用するヒートショックプロテインを応用したこの方法がおすすめです。ヒートショックプロテインとは、熱などのストレスを受けることで生まれるたんぱく質のことで、細胞を修復する作用があります。

コラーゲンやエラスチンなど肌に重要なたんぱく質を熱の刺激によって増やし、シワやたるみを改善していく効果が期待できます。週に2回ほど行ってください。

使用方法

STEP1 

フェイスタオル程度の大きさで、柔らかい素材のタオルを準備し、水で濡らす。

加熱中に水分が飛んでいくので、少しゆるめに絞ります。目安としては、表面がしっとり濡れていて、手に持っても水分が垂れてこない程度。

STEP2 

蒸しあがった時に、温度のムラがないようにくるくるとロールケーキ状に丸め、ラップにくるむ。

レンジで1分ほどチンすればできあがり。

STEP3

目をつぶり、タオルが冷めるまでの1分程度乗せます。冷たくなったタオルを乗せていては、逆効果になってしまうので気をつけましょう。適度な温度を知るためには、腕の内側で温度を確認すること。

目の周りの皮膚はとても敏感なので「熱い」ではなく、「温かくて気持ち良い」と感じる4045℃くらいの温度を守りましょう。温度が高すぎて火傷しないように注意してください。

STEP4

冷めたらまた同様にレンジで温め、3回ほど繰り返します。

お気に入りのアロマを1~2滴たらすと、リラックス効果も期待できます。自律神経を整え、鎮静・抗炎症作用もあるラベンダーがおすすめです。

 STEP5

化粧水、乳液を優しく塗布し、しっかり保湿する。

タオルを外した直後の肌は、しっとりしているように思えますが、実は逆です。水分は蒸発する際に周りの水分を奪うため、皮膚は乾燥しやすくなっています。そのため蒸しタオル後はしっかりと保湿してあげることが重要です。

4.美容クリニックでの治療方法

ホームケアで良くならない方は、効果の高い美容クリニックでの治療をオススメします。

4-1.ケミカルピーリング

くすみには、皮膚の角質を取り除いてターンオーバーを促進し、肌の質感を整えるピーリングが有効です。

ピーリングの種類はグリコール酸やサリチル酸などいくつかありますが、なかでもAHA(アルファヒドロキシ酸)がオススメです。ピーリングが初めてで不安のある方は、副作用が少なく、皮膚の敏感な方でも使用できるAHAから初めてみましょう。

費用は1回5,000円~10,000円前後です。頻度は月1回を数回続けて行い、肌の状態を見ながら医師と相談して進めていきます。やりすぎて皮膚が乾燥しないように注意しましょう。

ピーリングの効果

①皮膚角質層の古くなった細胞が剥がれやすくなり、新しい細胞に生まれ変わるため、皮膚はより柔らかくなめらかに見えるようになります。

②健康な角質層細胞が増えて保湿力を回復します。

③毛穴に入り込み、古い細胞を取り除いて目づまりを解消するため、ニキビの予防にも役立ちます。

④ピリピリする感じがあり、皮膚への刺激で血行も促進します。

⑤美白剤との併用で表皮細胞のターンオーバーが促され、メラニンの排泄も促進されます。

4-2.シミ用のレーザー・光治療

 着実かつ早急にすくみを改善したい方は、日光による色素性のくすみに効果の高いこちらの方法がむいています。レーザー治療・光治療は、くすみの程度や種類によって治療法が異なるため、医師からの説明を受け最適なものを提案してもらいましょう。

 ・シミ用レーザー:ルビーレーザー(料金:数千円~1万円)、YAGレーザー(価格:1~2万円)

5

ポツポツとした日光によるシミであればこちらで早く治療することができます。

レーザーにより1~2回でシミを取ることが可能ですが、肝斑や炎症性色素沈着がある方には向いていません。

治療後はテープを10日間程度貼り続ける必要があります。

・フォトフェイシャル:フォトRF、ライムライトなど(料金:1~4万円)

 12

光エネルギーをメラニンやメラニンを含む組織に吸収させ、熱エネルギーで破壊する原理です。

月1~2回の反復照射が必要で、3~5回くらいの治療回数が必要なことも多いです。

テープなどを貼る必要はなく、赤みなどの副作用もほとんどありません。

4-3.フラクショナルレーザー

皮膚の形態変化によるくすみには、レーザーを点状に分散して照射し、皮膚を徐々に入れ替えるフラクショナルレーザーが効果的です。

レーザー照射によって、一定の深さをもった熱凝固ゾーンを皮膚内部に作ることにより、皮下コラーゲンが合成され、自身にある皮膚再生能力を高めます。

1回の治療時には皮膚面のすべてに照射するのではなく、回数を重ねていくことで全体に均一に照射できます。

これにより効果的かつ副作用などのリスクを抑えた治療が実現できます。

数回の照射で、シワ、タルミ、くすみの悩みを解消してくれます。

処置時は麻酔の必要はなく痛みも我慢できる程度ですみます。処置後の赤みは12日間見られますが、お化粧で隠せる程度です。

4-4.医療用の美白外用剤

美容クリニックで取り扱っている美白外用剤は、医師が取り扱っている成分であるだけに、市販の化粧品よりも高濃度で作用の強い塗り薬です。

特に、メラニンを作るメラノサイトそのものを減らしてメラニン生成を抑制するハイドロキノンは、美白効果があります。

また、トレチノインはピーリング効果があり、不要な角質を取り除いて肌の奥にあるメラニン排泄を促してくれます。

ハイドロキノンとの併用でより確実な結果が出るため、お困りの方はぜひスキンケアに取り入れてみてください。

製品としては、これらの両成分が入っているメラフェードシリーズがおすすめです。

メラフェードTには、トレチノインとハイドロキノンの両成分が入っていて、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わらせ、透明感のあるふっくらしだ美白肌へと導きます。

症状に合わせて濃度を変える事のできる製剤で、浸透率が良くさっぱりとした付け心地です。

肌のタイプや使用濃度によっては赤みや乾燥を感じる場合もありますが、シミ・くすみ・クマを改善し、小ジワにも効果のある優れものです。色素性によるくすみと、皮膚の形態変化によって生じるくすみの両方に対応できます。

効果は約23か月で期待できることが多いです。

価格は、メラフェードT、モイストエッセンス、エマルジョン3本セットで47,250円で約3ヵ月分です。

16

【症例写真】

%ef%bd%90%ef%bc%91%ef%bd%90%ef%bc%92

メラフェード使用前と2カ月後の比較写真です。

ぼんやりとした目の下から頬にかけてのくすみが改善し、肌全体が明るくなってます。

5.まとめ

 目の下のくすみは、日ごろのスキンケアを適切に行い、肌の健康を回復していくことが大切です。また、美容クリニックではスピーディーで着実な効果が期待できる方法も多くご提案できます。ぜひご参考ください。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事をSNSでシェアする

話題のキーワード

コメントを残す

*